一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
今朝読了した「Interactive憲法」の著者長谷部先生は
広島が生んだ法学界(憲法)のスター。
軽妙な語り口だが内容はディープ。
そしてマインドが熱い。

長谷部先生の本は、これからも少しづつ読んでいこうと思う。

「人は根源的に平等であり、自分の生き方を決めるのは自分自身でしかない。その決断を通じて、人はその人生に自ら意味を与えていく。」

=========================
2014年5月27日の一日一新
 cafe ASAN
 新しい著書の企画が立ち上がる
本日のタスク消化数
 46件(見積もり時間: 14.5時間 実際の所要時間: 14時間48 分)
memento mori
 生まれてから17,519日 80歳まで11,701日
========================

 
| BOOK | 20:58 | comments(0) | trackbacks(0)
以前も紹介した、高橋慶彦さんの「赤き哲学」108ページより

長い間野球をしてきて、
「カバーリングが役に立った」という経験が
ほとんどない。ムダ走りだったわけです。
でも、それでいい。「ムダで良かったね」
そう言えることが大事なのです。


ショートを守っていたヨシヒコさんはランナーが3塁にいるときは、
キャッチャーが投手に返球する際、暴投に備えて投手後方へカバーリングに行っていたんだそうな。
もちろん、キャッチャーが暴投するなんて、滅多に無い。
ヨシヒコさんのこのカバーが、現実の勝敗に関係することは無かったのだが
この行動はムダだったか?

ヨシヒコさんはこう仰ってる
「ムダで良かったね」と言えることが大事。

「どうせ、ムダだから…」「何も起こるまい」
そう思ってバックアップをおろそかにしていたら…

\(^o^)/私は今日、それを身に染みて実感することになったのです。
\(^o^)/なんと、パソコンのデータを話せば長くなりますが消失しました!
\(^o^)/でも、バックアップを毎晩とっていたので助かりました!
\(^o^)/「ムダ」なこと、毎日毎日していてよかった!

=========================
2014年3月10日の一日一新
・というわけで、
 人生初のバックアップからのデータ全復旧
=========================
 
| BOOK | 21:06 | comments(0) | trackbacks(0)
一気に読んだ!
TwitterやFacebookにも書いたけど、
この本は、もうすぐ大学生になる姪っ子にプレゼントする!

特に、次の部分を読んだ瞬間、もう嬉しかった。大げさでなく、涙がでた。

「みなさんは、なんで勉強していると思いますか?」
 小学校の頃、全員がこの質問に答える授業があったけれど、「今勉強しているのは、いい大学に入って、いい仕事を持って、ちゃんとした大人になるためです」という答えが多かった。その時、私は明らかに「それは、違う!」と思い、こう答えたのを覚えている。
「私たちが今勉強しているのは、大人になった時に、新しいことを発見できるようになる準備だと思います」


というのも、私は子どものころ、
『学校って、すごいよな。人類が何百万年ってかかって、こつこつ生み出して来たもの・発見したものを、10数年くらいでコンパクトに教えてくれるんだものな』
『その何百万年分の知識を、ムダ無く子どもらに伝えることができるのが、人間のすごいところなんだよな』
『そのおかげで人間は、新しいことを考え出す余裕ができるんだよな。またイチから考えたり、発明したり、作ったりしなくてすむから』
って思ったことがあったのだ。

スプツニ子と、同じこと考えてた!
それだけで、なんだか、とっても嬉しかったのだ!!
でも、私はそういう「勉強とはなにか」って精神を忘れていた!!!
思い出させてくれたスプツニ子、ありがとう!!!!

=========================
2014年3月3日の一日一新
・というわけで、初スプツニ子著書を読みました
=========================
| BOOK | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0)
3月2日読了。
ただしこの本、私が買って所有している本ではなく
よく訪れる駒沢のSLOW FOOD CAFE SMILEに本のコーナーがあって
そこの蔵書です。
ランチを食べるたびに少しづつ読みすすめて、このたびめでたく読了したのでした!
んー、でもこの本、何度も読みたいから、たぶん買っちゃいます。笑

内容は、たいめいけん初代店主・茂出木心護氏のエッセイ。
昭和の時代の職人さんのお話、というと、頑固親父の根性訓かと思いきや
江戸、そして、洋食(フレンチ由来)の職人さんのせいか
洒脱で力が抜けて、いい感じです。
「ああ職人って、仕事って、いいなあ。客商売って、いいなあ」
と、ほのぼのした気分になりながら、仕事への意欲も湧いてきます。

で、この本の中で、一番好きなエピソードをひとつ。

戦後、間もない時期、
たいめいけんでコロッケを揚げて売っていたそうです。
買い求める人は、近所で働いている人たち。
みなさん、自宅からお米だけのお弁当を持ってきて
コロッケをそのお弁当箱の上に直に乗っけてもらって、
それをおかずにして食べていたんだそうです。
そんなある日、みんなのお弁当がどれもこれも赤飯。
そこで気づきます「ああ、今日は七五三の日だ」と。
戦争で貧しい中でも、七五三の日には赤飯を炊く。
日本はこういうことがきちんとできる国だから、ぜったいにつぶれやしない。
この時、そう、茂出木さんは確信したそうです。

そういえば、池波正太郎の本にも
終戦後、数日しか経過していない焼け野原に
氷売りがかき氷を売りに来て
「ああ、日本は絶対に復活する」と感じたとか。そんなエッセイがあったっけな。

年中行事、季節感、食べもの。
この3つはほんとうに大切だと、改めて思いました。

=========================
2014年3月2日の一日一新
・近日締め切りの某エントリーシートを作成
 (今年3つ目のチャレンジです!)
=========================
| BOOK | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0)
行ってきました!
カープファンの私にとって、永遠のアイドルである高橋慶彦さんのサイン会!

ほんの10秒くらいの間だったと思いますが、会話もできて大満足でした。
(その会話の様子はコチラをクリック

慶彦さんの本の内容は、カープファン以外の方が読んでも、得るものが多いと思います。
素晴らしい本です。

特にこの鉄人・衣笠さんとのエピソードには、グっときました。

「…けれどお前、覚えておけよ。遊びっていうのは、仕事をしている人間だけができるものなんだからな」
 一般社会では「遊びと仕事は別物」といった捉え方をしている方が多いでしょう。しかし、衣笠さんの考え方は違いました。「一生懸命に仕事をした人間だけが、羽目を外すことができる」と言うのです。


自営業者である私も、「オン・オフの切り替えは大事」と心得てますが
この「オン・オフの切り替え」、自分に甘い人間には、「遊びも大切」と逃げ口実に使いがちなもの。
だからこそ、このエピソードがグサっときました。
必死に仕事をしたごほうびに、派手に遊ぶようにしようかなぁ…
例えば、それこそ月〜金はわき目もふらず仕事をし、土日はパーッとあり得ないくらい遊ぶ!
ただし、その週のノルマ達成しなきゃ、遊んではダメ!とするとか。

なにしろ感銘を受けているだけじゃ何も効果は無いので
ちょっと「遊び」「息抜き」のしかた、変えてみます。

その他のエピソードからも
カープ黄金期の選手たち(衣笠さん、江夏さん、ヨシヒコさん)が
あり得ないくらい練習はしたけど、一方であり得ないくらい遊んでいたという
その背景・秘訣がよーくわかりました。



=========================
2014年2月16日の一日一新
・試合以外でのナマ慶彦との初対面!
=========================
| BOOK | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0)
中小企業の社長に読んでいただきたいヒントがいっぱいの一冊です。

というか、私自信、とても役立った本です。
一人で税理士事務所をやるようになって、もうすぐ3年。
規模の大きい事務所はいっぱいある。
じぶんより優秀な税理士はいっぱいいる。
そんな不安いっぱいの中で
心の支えになるだけでなく
ヒントをいっぱいもらった本です。

1981年、GMとの資本提携を発表したときの記者会見で「規模の大きいGMという巨鯨に、スズキのような小さなメーカーは飲み込まれてしまうのではないか」とマスコミからたずれられて。両者の規模の違いから「鯨とメダカが手を組んだ」などと揶揄され、スズキの独立性が失われるのではないかと見られた。「スズキがメダカなら鯨に飲み込まれてしまうが、もっと小さな蚊なら、いざというときでも空高く舞い上がり、飛んでいくことができる」

=========================
2014年2月5日の一日一新
・ある講座を受講することに決めました。
 といっても、少数精鋭の講座なので、
 事前にセレクションがあります。
 もしかすると税理士試験以来の大きなチャレンジかも…
=========================
 
| BOOK | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0)
Facebookで、ブログで、Twitterで、
最近は「トコノクボ」のことばかり書いている私です(^_^;
でも、熱中してしまったら止まらない私のこの性格
ご存知の方も多いと思いますので、どうぞお付き合いくださいね。

先日、こちらのブログに書くのを忘れたことが、一つあります。
「トコノクボ」から学ぶ、フリーランサー・自営業者が成果を出すための9の秘訣
それが「短納期」
これを書き足して「10の秘訣」にしてもよかったかもしれません。

榎本よしたかさんはかけ出しのころ、「仕事が速いイラストレーターさんがいる」ということで好評をはくします。「納期の速さ」は、中小企業やフリーランサーにとっては顧客満足につながりやすく、かつ、大企業(大御所)に勝てる部分だと思います。

私の尊敬する経営者の一人・エーワン精密創業者の梅原勝彦さんも、価格競争に巻き込まれず適正価格を維持しながら、町工場を上場企業まで押し上げた方ですが、梅原さんの著書を読むと、どうもその秘訣は、圧倒的な「短納期」にあるようです。

実はこの「短納期」は、正直に言いますと、最も私の不得手としている部分なので…
なんとかせねばですね。
それを「トコノクボ」で再認識した次第です。


=========================
2014年2月3日の一日一新
・くくりの森のお野菜のお惣菜セットでランチ
 あれ?また食べものネタだ(^_^;A
=========================
 
| BOOK | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0)
ホリエモンの「ゼロ」の中のつぎの言葉に背中を後押しされました。
僕はこの「チャンスに飛びつく力」のことを、向上心とか目的意識とか、そんな堅苦しい言葉で語りたくはない。もっとシンプルな、人としての「ノリのよさ」だと思っている。フットワークの軽さ、好奇心の強さ、そしてリスクを承知で飛び込んでいける良いさな勇気。それらの総称が「ノリのよさ」だ。

私を子どもの頃から知っている人は、ノリのよさ・大胆さを失った私をみて「何してるんだ」と思っただろう。
いや、7、8年前の私を知る人も「木村さんはどうしちゃったのかな」と心配していただろう。

「ノリ」は私がこの数年、もっとも忘れていたことでした。
ノリのよいことを、軽薄なことだと後ろむきにとらえ、
私の短所だと思い込み、すっかりこじんまりしておりました。

私はもう、私のノリを抑圧しようとする方とは、
オフィシャルでもプライベートでもつきあいません!
そして、この軽薄さを思いっきり、活かしていきたいと思います。ミーハー上等!

自分でも、「ノリ」が復活しつつあることを感じる今日この頃です。


=========================
2014年2月2日の一日一新
・生まれて初めてモンテクリストサンドイッチを食す
・用賀に出来たばかりのパン屋さんをのぞく
それにしても
私の一日一新は食べることばかりではないかたらーっ
=========================
 
| BOOK | 23:59 | comments(2) | trackbacks(0)
小林カツヨさんの訃報のニュースを聞き、記事を目にし
ふと思い出したのが、たいめいけん創始者・茂出木心護さんの著書の中の一節でした。

愛情だけでは料理はできませんし、技術だけでは料理は生きてこないものなのです。



芸術にも、スポーツにも、仕事にも、すべてに通じる言葉です。
税理士でいえば、
「(顧問先への)愛情だけでは仕事はできませんし、税法だけでは顧問先は救えないのです」
といったところか。

とにもかくにも、料理をおしごととする方は、言葉も味があります♪

=========================
2014年1月29日の一日一新
・イルジョットに初めて行きました!

・そしてイルジョットでいっぱい、楽しい方々に初めてお会いしました!
=========================
| BOOK | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0)
再読。
やはり良い本は再読に足りうる。
そして、読むたびに、「一番感じるポイント」が動く。
だから、再読に耐える良書と出会い、それを折に触れ読み返すことは、
そのときどきの自分を鏡に写してみる作業に似ているような気がする。
そのためにも簡単な読書ノートをとっておくとよいだろう。

「アイデアをいっぱいもつこと。ありとあらゆることをやってみること。明日は今日とは違う自分になること。そして朝を待ちこがれる、幸せなサムライの一人になってくれ」(P.168)

幸せなサムライ(士)になろう。

=========================
2014年1月26日の一日一新
・Woodberry Coffee Roastersさんのチーズケーキ!


=========================
| BOOK | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0)

PROFILE
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
OTHERS



SPONSORED LINKS
無料ブログ作成サービス JUGEM